2015年 11月号:英会話スクール 生徒 【松山 裕一さん】

This month's We Face

英会話スクール 生徒「松山 裕一さん」

Welife Magazine 松山様『自分のライフをデザイン。』
〜Design My Life Cross-Culturally.〜

 デザイナーであり、自分のデザイン会社の経営者でもあり、更には東京で個展を開催した経験もある松山裕一さんは、Weで英語を学ぶことに特別な情熱を傾けています。

 そんな松山さんが英語を学ぶ大きな理由の1つは、海外のアーティストとの交友関係を築くこと。コミュニティの幅をグローバルに広げることで発想の幅もどんどん拡がっています。そして英語・日本語、双方の発想を触媒することにより、今までにない新鮮でハイブリッドなデザインの創造力にもつながっています。

 また、松山さんにとって英語は、学ぶ行為そのものに意味があるとのことです。何か目的をもって学ぶことも重要ですが、英語は学びはじめたその時から新たなライフスタイルと新たなセンスを得ることができるとのこと。その結果、今までにないモノの見方や発想が涌き出し、学びはじめたその時から新しい自分の創造がスタートできる……。つまり英語は「学ぶために学ぶ」というクリエーターらしい素敵な考え方を教えて頂きました。

 自らのライフ、そして相手のライフそのものもデザインするデザイナーになるためにも、松山さんは今後もコミュニケーション能力を進化させ、より良いライフスタイルとデザインを生み出していかれることでしょう。Weで松山さんの益々のご活躍を見られることを楽しみにしています!

While Hirokazu Matsuyama is a successful graphic designer who has been running his own design firm for almost 30 years, he is also a successful artist who has held several solo art exhibitions in Tokyo featuring is own designs. And along with his passion for design, Hirokazu also has a passion for learning English at We.

One of the main reasons Hirokazu studies English is his interest in making friends with foreign artists. By learning English and expanding his range of community to a global level, Hirokazu’s range of inspirations can also expand. And by catalyzing the goodness of both Japanese and English tastes, it will lead to the creation of completely new and hybrid designs.

We生徒_松山様 Furthermore, Hirokazu describes how there is meaning in the act of “learning” itself. While it is important to learn with a certain goal, he believes he had begun cultivating a new lifestyle and sensibility from the point he began his “learning” of a new language. As a result, he can develop new perspectives and inspirations, and begin designing a new “self”. Hirokazu shared such thoughts about “learning for the sake of learning,” a truly inspiring mindset of a creator.

To become a designer who can enrich and design his own life as well as his clients’, Hirokazu will continue to develop his communication skills, and create innovative designs and lifestyles. “We” wishes Hirokazu the best of luck, and is excited to see his further success!

ページのトップへ

We 無料カウンセリング

あなたのわがまま、聞かせてください! メールで相談する 過去にあった相談事例リスト
英会話のことならお気軽に TEL:0120-31-6330 無料メール相談無料カウンセリングお申込み