フルーエンシー [for 聴発音]

英会話We_Flency.jpg
フルーエンシーは、英語の“音”を理解し実践することを重視したプログラムです。
ネイティブは一語一語くっきりはっきり発音するのではなく、音と音をつなげたり、省略したり、強弱をつけたりしながら音を発します。このクラスでは、これら英語の音やリズムを理解した上で練習し、流れるような美しいイントネーションを身に付けます。自分で発音できる"音"は、耳で理解することもできます。つまり、発音の学習は、リスニングを飛躍的に向上させます。

クラス概要

We Fluency
英語の音やリズムをよりホンモノに近く「カッコよく」出すためには、母音と子音、メロディーやアクセントなどの特徴が英語と日本語の間ではどこがどのように違うのかを「体」で認識できる必要があります。英語の単語の配列には「文法」というルールがあるように、英語の音の出し方にもきちんとした「音法(音の法則)」が存在します。子供英会話であれば、単にネイティブの発音を何度も繰り返し真似る練習でもいいのですが、大人は、音を分析的に理解した上で練習する方が効率的です。音の仕組みを自分で理解し口から出せれば、耳からも聞き取ることができるようになります。その為、リスニング力も向上します。

日本人のための新発音記号『We Phonetic Alphabet』を活用

フルーエンシーでは、この ”We Phonetic Alphabet (WPA) “を活用し即効性あるレッスンとなっています。

日本人にとっての新発音記号(We Phonetic Alphabet)は、そのまま読めば正しく発音できる発音記号なので、英語の音をマッスルメモリー的に「クセづけ」して行くことが可能です。

『日本人は英語が苦手』というのは実は、嘘です。英語は、日本人にとってすごくカンタンなのです。なぜなら、日本人は、既にたくさんの英単語を外来語として活用しています。そしてさらに、日本人は、"ちゃちゅちょ" "にゃにゅにょ” ”ぴゃぴゅぴょ” ”みゃみゅみょ” などなど、非常に多くの音を駆使しています。これらの発音は、Weの日本語スクールの外国人生徒たちは皆苦労してます。

既にたくさんの英単語を知っていて、音の要素もたくさんもっている日本人が英語が苦手なんてウソです。これは、英語講師の陰謀かも知れません。外来語としてカタカナになって英単語を英語っぽく発音するコツを掴めば、あなたの単語力はたちまち最強になります。

その実現に向けてWeは、日本人にとっての「新発音記号」を研究開発しました!日本人ならそのまま読めば正しく発音できる発音記号で、しかも、辞書にある従来の旧発音記号から法則的に置き換えることができます。
We新発音記号 We新発音記号

もう難解な発音記号は不要です。さあ、そのまま読んで英語の発音を体得しましょう!

coffee.gif Job.gif pencil.gif

こちらのインスタグラムでは、日本人の知るカタカナ英語(外来語)を新発音記号 ”We Phonetic Alphabet (WPA) “で表記しています。先ずは是非フォローしながら即効性を確認してみてください。

ページのトップへ

We 無料カウンセリング

あなたのわがまま、聞かせてください! メールで相談する 過去にあった相談事例リスト
英会話のことならお気軽に TEL:0120-31-6330 無料メール相談無料カウンセリングお申込み