The "We Style" Our Lesson Method

written by A.Kurata

We メソッド WWW

私が、Weに入社する際、驚いたことが沢山ありました。

先ず、面接の時に目に飛び込んできた英会話スクールとは思えない空間
それはホームページや雑誌でみた写真と同じ景色でした。

そして数々のオリジナル教材。
中でも「Situation101」「面接に落ちてもその本が欲しい!」と本気で思ったのを覚えています。(笑)

無事入社後、バラエティーに富んだクラスホビングリッシュなどクリエイティブな企画にワクワクしつつ、どんどんWeの内部に入り「Weの考え方」に触れるにつれ、内部で話されている言葉に戸惑いました。

例えば、「成果の納品」
毎回のレッスンで生徒さんに「納品」する?!

また更には、“生徒さんが3ヶ月で○○を達成したい。
「納期」は3ヶ月。” 

レッスンを提供するスクールなのに納品?納期?なぜ?

その後、その意味が判った時、Weって本気なんだな。。。とあらためて実感し身が引き締まりました。

今回は、その成果を「納品」するWeのノウハウ「WWWメソッド」をご紹介いたします!
先ずは、「WWWメソッド」の全体像をご覧下さい。

We WWW 全体像                         Copyright© 2003 We Incorporated. All Rights Reserved.

以上のように、全て「成果」につながる3つの"W"で構成されています。
それでは、それぞれの"W"の内容を紹介させて頂きます。

WWW 3つの"W”とは?

■Warm Up

Greeting
「気持ち」のウォームアップ
挨拶は全てのコミュニケーションの始まりであり、かつ人間関係成立への重要な第一歩です。レッスンにおいても「気持ち」(心)のこもった明るい挨拶は成果を産出する前向きな、大きなエネルギーとなります。

Goals
「頭」のウォームアップ
「着地点を明確にして始める」。これはWeのレッスンポリシーです。講師が紹介する「Goals for Today's Lesson(今日のゴール)」を「頭」にしっかり入れ、そのレッスンで学ぶべきポイントを明確にします。

Go Over the HW
「感覚」のウォームアップ。
レッスンにスムーズに入り成果を上げるためには、事前準備が非常に効果的です。宿題で事前に準備した知識をもとに、少しずつ「感覚」をレッスンモード、英語モードへと調整(チューニング)していきます。
■Work Up

Presentation
「理解」してから始める。
新しい知識を効率よく自分のものにするには、先ずは知識そのものへの「理解」を深めることが肝要です。文法やフレーズ、話題となるトピックの主旨など、先ずは講師が説明(Presentation)し理解を助けます。

Practice
「練習」して体に落とし込む。
英語を体で覚えるために英語を使っての「練習」を重ねます。パターンプラクティスやロールプレイ、ペアワーク、グループワーク、シャドーイングなど様々な手法を用い講師が英語をつかう機会を創出します。

Production
成果を「産出」する
学んだ英語を自分のモノするために、教科書から離れたところで、自分でセンテンスを作ったり、題材内容を自分で再生し自分の意見を付け加えたりするなど、「自分の英語(生きた英語)」という「成果」を産出します。
■Wrap Up

Achievement
「成果」を確認する。
学んだことを確認するために講師が今日のレッスンを振り返ります。レッスンで出てきたボキャブラリーやフレーズ、構文等が押さえられ、題材となったトピック内容を理解したか、など今日のレッスンの成果を確認します。

Affirmations
「成果」を自分につなげる。
今日の成果を自己確認すると同時に、成果を自分のイメージ実現につなげるために、「自分の夢」や「チャレンジしたいこと」を思いだしましょう。今日の成果はあなたの最終イメージ(夢)実現に必ずつながっています。

Assignments
「次回の成果(宿題)」。
次のレッスンにおいても確実に成果を上げるためにその事前準備となる宿題箇所を確認します。次回までに済ませることで、今日の成果が次の成果につながり、成果の連鎖を生み出し、上達がどんどん加速します。
Copyright© 2003 We Incorporated. All Rights Reserved.

更には「成果」が蓄積する自分専用サイト上の "My Dictionary"。

WelifeのMy_Dictionary1.gifそしてこの「WWWメソッド」とセットで欠かせないのが、生徒専用サイト上にある「My Dictionary」

毎回の授業でキーワードとなった単語や表現、そこに居るメンバーだったからこそ産み出された新たな知識が、講師によってここに蓄積されて行きます。

また同時に、自分自身でも自分の中から湧き出た知識をこの"My Dictionary"に溜めて行きます。


WelifeのDictionary.gifこの"My Dictionary"は文字通り自分専用の辞書、しかもWeb上に存在するからいつでもどこでも取り出せる知識の宝庫。

また、レッスンで皮膚感覚で触れ記憶した知識だから脳にもしっかりインプットされていきます。

"My Dictionary"に蓄えられるこれら豊富な生きた知識は、あなたの投資(お金/時間)が産み出した貴重な資産(リターン)です。

Weは、利回りの良いスクールですよ!^^
本サイトのコンテンツ(文章、画像、動画、音声、プログラムなどのデータなど)のすべては、著作権法、その他の法律で保護されています。著作権法で認められた範囲を超えて、本サイトに掲載されているコンテンツを無断で使用・複製・転載等することはできません。

ページのトップへ

We 無料カウンセリング

あなたのわがまま、聞かせてください! メールで相談する 過去にあった相談事例リスト
英会話のことならお気軽に TEL:0120-31-6330 無料メール相談無料カウンセリングお申込み