レベル 1 <Beginner>

We 英会話レベル1

Output(言葉にする力)

英語に触れること、言語の違う空間を初めて体験する。その為、心理的な緊張も加わり言葉が出てこなく、立ちすくんでしまう。先ずは、少しずつ単語量を増やすこと、そして恐れず場数を踏むことで、異文化空間に対する心理的な慣れを養って行きましょう。まずは、間違いを気にせず言葉を発すること。発する「一語一語」の経験が、上達への「一歩一歩」となります。

Pronunciation (発音)

日本語にある外来語をそのまま外国人に話す状態。完全なカタカナ英語の発音の為、ほぼ日本語を話しているに等しい状態。先ずは。アルファベット26文字を正確に発音することから始めましょう。AからZをきっちり発音できれば、本物の英語の音に大きく近づくことができます。エー、ビー、シー・・・でなく、エィ、ビィ、スィーと言うように。

Spoken Grammar (会話文法)

まだ、文として配列する単語の量自体が不足している。知っている単語であっても日本語本の語順まま並べてしまう。この段階では、基礎的な単語の量を増やすと同時にシンプルな文を一つの塊(カタマリ)として音と共に覚えることで良いでしょう。先ずは、日本語の語順になってでも、積極的に単語を並べ「点」から「線」にしていくことに努めて行きましょう。

Spoken Vocab. (語彙運用力)

日本語(外来語)を強引に使用する状態。外来語として変形した英語とリアルな英語とが区別でれず混乱します。まだ頭の中に英語のエリアがないため自然と日本語を発してしまう。先ずは自分に関わりのある語彙から優先的覚え、知識量を増やすより、一つの単語を深く意味を掘り下げ丁寧に理解するとともに、正確な発音方法も学び音声化していきましょう。

Listening (聴く力)

聞いた事のある単語が一部確認でき、とりあえずその言語が英語であることがわかる。全体として相手が何を言っているか全く理解できない。お経を聞いているような状態。先ずは、スクリプトがある初歩的なリスニング教材を用い、スクリプト内で未知の語彙を拾い意味を調べ、見ながら聞く。正しく発音できる語彙の量が増えれば、真っ暗の中から光りが少しずつ見えてくる。

受講クラス:

<英会話・英語クラス> ■Starting Out ■Grammar Building ■プライベートレッスン(日本人講師)
本サイトのコンテンツ(文章、画像、動画、音声、プログラムなどのデータなど)のすべては、著作権法、その他の法律で保護されています。著作権法で認められた範囲を超えて、本サイトに掲載されているコンテンツを無断で使用・複製・転載等することはできません。

ページのトップへ

We 無料カウンセリング

あなたのわがまま、聞かせてください! メールで相談する 過去にあった相談事例リスト
英会話のことならお気軽に TEL:0120-31-6330 無料メール相談無料カウンセリングお申込み